Uncategorized

高齢期のケア

犬が6歳ごろの高齢期に入ったら、季節の変わり目には注意深くケアしてあげましょう。高齢期になると、季節の変わり目に自律神経がうまく働かなくなることがあり、下痢や嘔吐など体調不良に陥ることが多くなります。


健康管理のためには、犬用サプリメントが大切ですが闇雲に与えればいいものではありません。犬用サプリメント以外の部分でも健康を考えた習慣をつくる必要があるでしょう。まず、年齢に合った食べ物を与えることが重要です。歳を取ると、消化や吸収が悪くなりますので、これを考慮して選びましょう。飲用水も新鮮なものにしておくとさらに良いです。また、人間と同様、老化で体力が低下し、疲れやすくなりますが、適度な散歩はした方が健康には良いと思います。
プロポリスは、非常に歴史のある成分です古代エジプトやギリシャ、ローマでは、腐敗防止や病気・ケガの治療に使われていたといわれています。プロポリスは、ミツバチによって作られています。ミツバチが樹木から集めてきた樹指に、ミツバチの分泌物が混合することでできるのです。


プロポリスには強い殺菌・消毒作用があり、糖尿病や胃腸病に有効です。アトピー性皮膚炎の治療に使われることもあるそうです。


食物繊維を多く含む野菜はたくさんありますが、なかでも含有量が多いのがモロヘイヤです。しかも、カロテンの含有量も多く、ほうれん草の約2倍もあるそうです。モロヘイヤを摂取すれば、腸内の善玉菌が増えて腸内環境が正常になり、便通を良くなると思います。

One Reply to “高齢期のケア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です